夜行バスの起源とは?

日本における夜行バスの始まりは、1980年代前半と言われています。中国自動車道の開通に伴い運営がスタートされたという説があります。それまでは、夜に移動する手段と言うと、友達同士で乗合で自動車で移動するか、夜行列車に乗って長距離の移動をするか、飛行機やフェリーに乗って移動するしか手段がなかったのですが、バスで夜通し移動をできるようになって交通手段の幅がぐっと広がって多様性がでてきたといえます。

そのような市場の変化に伴い、「夜通しバスに乗って旅行やミュージシャンのコンサートに行く」という旅行商品も旅行代理店から販売されるようになったのです。特に夜行バスの運行が始まった大阪や福岡県などの西日本においては、バスに乗って長距離の移動をすることが人気にもなったほどです。

徐々にそうしたサービスが普及してくると、バスにも工夫がされるようになってきたのです。例えば、バス運行会社がバスの利用客向けにアイマスクを用意したり、フルリクライニングシート等の眠りやすいシートを導入するようになっていったという歴史的な背景があります。夜行バスという移動手段は、格安なのでかなり人気が長期間にわたり高止まりしているというのは、有名なことです。現在では安全で高品質なシートが提供されている夜行バスがあります。是非探してみてください。